読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロンドンで過ごす600日のこと

好きでもない国に来てみて住んでみた600日間のこと。趣味の旅行のこと。

Denmark Copenhagen① / 初めてのコペンハーゲン、真冬のひとり旅

「真冬のひとり旅」、随分季節外れなタイトルですが、これは去年の11月に初めてコペンハーゲンに行った時の事を振り返る記事です。


スルーしてしまうつもりでしたが、今年の5月に行ったコペンハーゲンの事を書きたいけれど、まずは初めて行った時の事を書いておかないと、後々なんかアベコベになるかもと思い、今更ながらまとめる事にしました。

ここに残しておきたい旅行のことはいろいろとあるのですが、行った順番に関係なく、気の向くままにここに記録していこうと思います。

 


去年の11月、私はパートタイムと言えどほぼフルタイム並みの出勤日数と拘束時間で仕事をしていました。
10月の末には日本から友人がはるばる遊びに来てくれたり、それなりに楽しみがあって仕事も頑張れていたけれど、11月に入りロンドンも寒く暗くなってきて、仕事に始まり仕事で終わる日々が続き、仕事が面白くないわけではないけれど、せっかくロンドンに来ているのに、日々の生活がなんとなくつまらなくなっていました。

そんな中、11月の終わりにたまたま2連休をもらう事が出来、久々にゆっくり休める~と思っていた所ですが、ふと思い立ち、「どこかへ行こう」と思いました。


そして出発の3日前にコペンハーゲン行きのチケットを予約しました。
私は計画を立てるのが苦手で、(計画を立てるのが面倒くさくて)休みの日の計画も立てず、その時の直感で動いたり、動かずになんとなく休日が終わってしまう事も多々あります。
今回はその「直感」でコペンハーゲンに行ってみることにしたのです。


以前からぼんやりと、コペンハーゲン行ってみたいなぁとは思っていましたが、決め手は航空券の安さでした。

まず、ロンドンには主に4つの大きな空港があり、大きい順に「ヒースロー」「ガトウィック」「スタンステッド」「ルートン」となります。
一番大きなヒースロー空港以外は主にLCC(格安航空会社)が就航していて、この3つの空港を利用する事でヨーロッパのほとんどの都市へ直行で、そして安く行く事が出来ます。

また、コペンハーゲンは北欧の中でも、南に位置し、北欧諸国以外の国とも地理的に近いという事もあり、ヨーロッパ圏でのハブ空港となっているみたいです。
そして、ロンドンーコペンハーゲンの間でもかなりの数のフライトが出ています。

そのためなのか、飛行機代が他の都市と比較してもかなり安いのです。
日によっては往復£15(約2,000円)とかだったりします。


そんなわけで、今回はExpediaを利用し、フライトとホテルをセットで予約しました。
フライトはルートン空港発のライアンエア、ホテルはTivoli Hotel 1泊。
合計£172でした。
安く済ませようとしたらもっと安く行けたのですが、日々の疲れもあったので、ちょっと奮発してホテルもまぁまぁ良さそうな所を選びました。

 

f:id:Kerori:20160830001136j:image

ロンドンから行く初めてのひとり旅で、わくわくもありながら、不安なところもありました。
初めてのルートン空港、初めてのライアンエア、初めてのコペンハーゲン。

LCCのライアンエアは色々と規定が厳しいけれど、規定を読んで準備しておけば問題ありませんでした。

・eチケットを予め印刷して持っていかないといけない
→我が家にはプリンターが無いので図書館で有料でプリントアウトしました。

・荷物預けは有料(フライト代より高い)
→もちろん預けません。

・機内持ち込み荷物は1つだけ
→リュックサックひとつで行きました。

・荷物預けが無くても、チェックインカウンターでVISAチェックをしないといけない
→ライアンエアのチェックインカウンターに並び、パスポートとチケットを見せるだけでした。チェック済みのスタンプを押してくれました。

・ルートン空港のセキュリティ
→液体物用のチャック付きビニールバッグは有料なので、自宅からジップロックを持ってきておいて良かったです。



そして2時間弱のフライトでコペンハーゲンのカストラップ空港へ到着です。

到着すると、噂には聞いていましたが、空港がいきなりおしゃれ。。。

(残念ながら写真がなかった…)

まず、床がフローリングなんですけど。。
そしてかの有名な建築家アルネヤコブセンのデザインの椅子や電飾、カートなどがごくごく普通に散らばっているのです。

空港ってその国に足を踏み入れた時の、一番最初の場所であって、着いた瞬間からその国の特徴が表れるから面白い。
これまで訪れた空港の中でベスト10を決めるならば上位3位に入ると思う。


空港を出たら、まずは市内の中心部へ向かいます。
カストラップ空港から市内へは電車でたった15分程で着いてしまいます。

しかし外を見ると、もの凄い雪と強風、つまり吹雪……
は~どうしたもんか、と思い、今日どこに行くかも決めていなかった為、なんとなくのプランを立て(屋内で楽しめる美術館とかに行こう)、ちょっとボーっとしてから、動き始めました。

電車に乗ると、本当にあっという間に中央駅に着いてしまいました。

 

f:id:Kerori:20160830003509j:image

 

この短時間で、幸い雪は止んでいて、強風でとにかく寒いけど、なんとかなりそうだ。


先ほど簡単に立てた、美術館に行こうという計画は一瞬にして取り消され、またノープランでただ気の向くままに街をぶらりぶらりと歩き続けました。


雪が止んだとは言え、気温はマイナス。
そして何よりかなりの強風で体感温度は、何度だったんだろうか…
とにかく想像以上の寒さで、ニット帽を深くかぶり、マフラーを鼻のところくらいまでグルグル巻きにし、怪しい恰好でおしゃれなコペンハーゲンの街を歩いた。

 

f:id:Kerori:20160830003549j:image


冷たくて暗く、静かなコペンハーゲンの街にひとりポツンといる私。
でも孤独感は無く、むしろロンドンでの仕事ばかりの日々の合間で、ひとりでここに飛び出して来たという充実感がじわじわとこみ上げてくる。


特にプランは立てていなかったけれど、歩いているだけですてきなものに沢山出会えた。


つづく



にほんブログ村 海外生活ブログへ

↑クリックお願いいたします☺