読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロンドンで過ごす600日のこと

好きでもない国に来てみて住んでみた600日間のこと。趣味の旅行のこと。

今後の旅行について考えたこと

ロンドン日々のこと

最近はしばらく旅行を控えていましたが、次の旅行の予定はアイスランドです。
ヨーロッパ版の地球の歩き方に掲載されていましたが、たったの10ページしか情報がありませんでした。

でもアイスランドは調べれば調べるほど、自然だけでなく、国の在り方も魅力がいっぱいで、物凄く興味深くて、今すぐにでも行きたいくらいです。

matome.naver.jp

 


ロンドンでの生活、残りの半年弱で、あと何回旅行に行けるかな?というのを最近考えています。

でも数と場所をこなすだけの旅行はしたくないと思っています。


こちらに来たばかりの時は、「出来るだけ行ったことのない所に行きたい」「より多くの場所に行きたい!」と思っていました。
みんなが「絶対行った方がいい!」とか、誰もが「良い!おすすめ!」と言う場所には、自然と自分も行きたくなっていました。

でも今はそういった話を聞いても、その場所に行く理由が自分の中で見つけられなければ、本当に行きたいとは思わなくなりました。
世界中どこだって行く価値はあるはずだけど、その価値は行く先々によって違っていて、それが今の自分に一致しそうだなと思った時に行くべきだと思うようになりました。


今は綺麗なものを見たり、癒しを求めるよりも、今後の自分の生き方に影響を与えてくれそうな場所に行きたい、と強く思います。

いつか行きたいけど、今は行かなくていいかなぁ、という場所が結構あります。
逆に、今、本当に「行きたい所」は意外とそこまで多くありませんでした。

そして、考えて行き着いたのは、やっぱりスウェーデンやノルウェーなど北欧諸国のフェミニズムな考え方や、日本とは違った暮らし方、生き方、価値観がどう成り立っているのかもっと知りたいと思いました。
ロンドンに来る前に、日本で4年ちょっと社会でもみくちゃにされ、その中で当たり前だと思っていた考えが、北欧諸国の考え方に触れた時は、思い切り覆され、本当に衝撃的でした。

これがどう役に立つかは分からないけれど、ちょっとでも吸い取って日本に帰りたい。というのが自分の想いかも、とようやく自分自身、気が付きました。

この間、中期目標を綴った後も、「残りの半年弱で何をしたいのか」ぼんや~りとしていました。今もぼんやりしていますが、ここに綴っていくと、少しずつ頭の中が整理されていくような気がします。

いろんな意味で、アイスランドは楽しみだなぁ~