読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロンドンで過ごす600日のこと

好きでもない国に来てみて住んでみた600日間のこと。趣味の旅行のこと。

Sweden Stockholm④ / スウェーデン人のお宅訪問

スウェーデン初日の夜は、お友達(いつもロンドンで良くしてもらっているスウェーデン人夫婦)のお友達の家にお招きいただき、晩ご飯をご一緒させてもらいました☺
今、北欧インテリアとか流行ってるけど、そのホンモノをみさせて頂くという感じで、わくわく。

今回お邪魔したのは、新婚さんご夫婦のお家。(厳密には、もうすぐ婚約らしい)
ストックホルムの中心部から車で15分くらいでしょうか。
アパートが並ぶ住宅街で、緑もあって住みやすそうな場所でした。

ストックホルムは家を借りるのがとても「難しい」んだそう。
人口増加によってとにかく賃貸の住まいが不足していて、
家賃が高いのはもちろんですが、それ以上に、家を借りられるまでに何年も「待つ」そうです。
業者に登録をして、長く待っている人から順に借りる権利を得られるそう。
びっくりなシステムです。
そんなこんなで、さっさと家を買っちゃった方が良い、という傾向があるそうで、今ロンドンに住んでいるスウェーデン人の友達も、数年前にアパートを買ったそうです。


まず、家に入ると日本のように靴を脱ぐ。
北欧諸国だと靴を脱ぐ習慣のようで、以前フィンランドとデンマークのお宅に泊まらせてもらったときもそうでした。
家の中で裸足でくつろぐ人種としては、靴を脱げるというのはとても嬉しいことです☺

お家は、二人暮らしには少し広い。
今回4人でお邪魔したけど、それでも充分な広さ。

リビングルームには大きなテレビがあって、素敵なインテリアが並んでいて、でもシンプルでごちゃごちゃしていなくてすっきり。
おしゃれだけどちゃんと寛げる。なんでこんなに生活感がないんだろう。
そして奥には小さなベランダがあります。
日本だと、ベランダって洗濯物を干すためにあるって感じだけど、こっちの人は違くて、どんなに小さなバルコニーでもテーブルとイスを並べて、バルコニーを楽しむためにバルコニーがある。って感じ。
そして家を借りる時にも、どんなに小さくてもバルコニーが付いてる・付いてない、はとても重要なポイントらしいです。
くつろぎ上手なスウェーデン人ならではだと思います。

ちなみに今回のディナー、奥さんがお仕事だったので、旦那さんがすべて作ってくれました!!!料理男子!!
この家庭内での位置づけが、「奥さんが料理する」って固定されていないかんじが、なんとも北欧らしいですよね、素敵~。

f:id:Kerori:20160725010027j:image

まずはシャンパンで、「スコール!!」 (スウェーデン語の乾杯)
スターターがおしゃれにリビングルームに出てきました。
薄いしっとりしたパンに、たまご、ネギ、ディルがのっています。
ディルが入っただけで一気にスウェディッシュな感じになりますね。
見た目もおしゃれだししかもおいしい☺


少しくつろいだ後は、お隣のダイニングへ移動し、いよいよメインディッシュ☺

f:id:Kerori:20160725010047j:image

やわらかいロースト?ビーフと、キャロット、ポテト、そして忘れちゃいけないのが、手作りのブラウンソース!!
そしてベリーのジャムと、「漬けておいたよー」と言って出してくれた瓶。キュウリとディルがおしゃれにビネガーに浸かっています。
こうして各々好きな物を好きなだけ自分のお皿に取って食べるというのも、こちらのスタイルのようです。
かしこまりすぎていなくて、こういうのは楽ちんで嬉しいです。
でも、普段の自炊生活ではナイフとフォークを使うような料理はほとんど作らないので、新鮮で特別感があります。
お肉がホロホロで、またソースが美味しかったです。


テーブルにはごく自然にキャンドルが置いてあって、部屋のあらゆる所にもキャンドルが散らばっています。
日常的にキャンドルに火を灯すんですね。あたたかみがあっていいなぁ。


そしてデザートにはアップルパイを焼いてくれました。

f:id:Kerori:20160725010114j:image

アップルパイと言っても、普通のアップルパイとは違って、紙のように薄いパイが何層にも重なっていて、パリパリ、サックサクです。
そしてそこにクリームをかけるのがスウェーデンのスタイルですね。
更に中のアップルはカルダモンのスパイスがからめてあって、スウェーデンらしくてすごく美味しかったです。

良いレストランに行くのもいいけど、やっぱり家に招きあって手作りの料理を食べるというくつろぎ感がいいなぁと思いました。

美味しい食事とデザートを頂きながら、スウェーデン人ってどんななの?とか、スウェーデンでは名前を変える事が出来るだとか、一番興味深いフェミニズムの事とか、日本の事とか、いろんな話をして、すごく楽しかったし、楽しいだけじゃなく普段なかなか聞くことの出来ない話が出来て、とても貴重な時間となりました。

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ

↑クリックお願いいたします☺ 

 

600days.hatenablog.com

600days.hatenablog.com

600days.hatenablog.com

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ

↑クリックお願いいたします☺